講座を選んでファイナンシャルプランナーを目指そう

2つのタイプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファイナンシャルプランナーは大きく分けて2つのタイプに分けることができます。一つは企業系ファイナンシャルプランナーです。企業系ファイナンシャルプランナーは銀行や証券会社、生命保険会社等の金融機関、不動産仲介の企業などに勤務しています。そのため、ファイナンシャルプランニングは自社金融商品の販売に繋げることを目的に行っている場合が多いです。
自社商品の販売をしなければならないと考えると、選択の幅が狭まり面白みにかけるという面もありますが、企業系ファイナンシャルプランナーの場合は大手企業に就職するので、安定した雇用が得られるのがメリットだと思います。自分で開業するタイプではなく、組織の中でルールに従って仕事をしていきたいタイプの人には企業系ファイナンシャルプランナーが合っていると言えるでしょう。

二つ目は企業に属せず自らの事務所を持って独立経営している「独立系ファイナンシャルプランナー」です。特定の企業に勤務しているわけではないので、ファイナンシャル・プランニング業務を行う目的が、特定の企業の営業活動や販売活動ではありません。
ですから、一つの企業の商品に縛られることなく、顧客のライフプランを実現することを最大の目的にして、あらゆる金融機関、保険会社、不動産業者などの商品情報を、平等に扱い、提案することができるのが大きな魅力です。今後はこの独立系ファイナンシャルプランナーの需要が高まることが予測されます。

Copyright (C)2017講座を選んでファイナンシャルプランナーを目指そう.All rights reserved.