講座を選んでファイナンシャルプランナーを目指そう

資格を取るには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファイナンシャルプランナーになるには、社団法人金融財政事情研究会(金財)およびNPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)の実施するファイナンシャルプランナー技能士検定を受検し合格する必要があります。ファイナンシャルプランナー技能士は2002年に国家資格になりました。かい

3級〜1級までの階級があります

ファイナンシャルプランニング技能士資格には3級から1級まであります。3級は金融財政事情研究会のみが実施し、受験資格は特に制約がありません。それに対して2級からは受験資格も必要となってきます。2級の受験資格をご紹介すると、
・FP技能検定3級の合格者・FP業務に従事し2年以上の実務経験を有する者・日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者・厚生労働大臣認定金融渉外技能審査3級の合格者のいずれかを満たしていなければなりません。1級については
・2級FP技能検定合格後で、FP業務に関し、1年以上の実務経験を有する者・5年以上の実務経験を有する者のどちらかを満たしていなければなりません。
3級はファイナンシャルプランナーの資格中で難易度的には一番簡単な資格になります。ファイナンシャルプランナーの勉強を始めたばかりのビギナーの方はまずは3級から資格を取ってみるとよいでしょう。3級と2級はひっき学科試験と実技試験が同日に行われますが、1級に関しては先に学科試験に合格した後に、実技試験を受ける形となります。3級と2級は学科試験と実技試験のどちらか一方に合格した場合は学科か実技合格した方の合格証が発行され、受検日の翌々年度末の試験までは、その科目は試験をパスできる制度があります。

Copyright (C)2017講座を選んでファイナンシャルプランナーを目指そう.All rights reserved.