講座を選んでファイナンシャルプランナーを目指そう

ファイナンシャルプランナーのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
銀行や生命保険会社、不動産会社などの企業に勤務する企業系ファイナンシャルプランナーは、金融のスペシャリストとして企業内で高い評価を受けます。例えば、不動産会社に勤務している営業職の場合は、お客様の資金に合わせた物件の提案ができたり、購入後の生活に負担がないような住宅ローンの提案もできます。そうすることで、お客様の信頼度も増し、成約にも繋がります。保険外交員の仕事でも同じようなことが言えるでしょう。ファイナンシャルプランナーとしての知識があれば、各家庭の家族構成、ライフプランに合わせた保険商品を勧めることができ、好調な営業成績を残すことができるかもしれません。既に金融関係、不動産関連会社に勤務している人やこれからそれらの業界に就職を目指す人にもうってつけの資格であると言えます。

スタート地点という捉え方も

ファイナンシャルプランナーの資格を取得するには6つのステップがあります。それは「リスク管理」「相続、事業の継承」「タックスプランニング」「ライフプランニング」「資産運用」「不動産運用」です。この多様な分野を学ぶことは、それぞれの分野のさらなる専門家になるスタート地点に立つことでもあります。例えば、タックスプランニングでは税金の知識を得ますが、税金のスペシャリストには税理士、公認会計士の資格があります。また、不動産運用では宅地建物取引主任者があり、それぞれの分野でさらなる専門の資格があります。それぞれの基礎知識を学ぶことで、自分がどの分野に向いているのかを知ることができるでしょう。このように、ファイナンシャルプランナーとして活躍するだけでなく、さらなるスペシャリストになる基盤にもなるのです。

Copyright (C)2017講座を選んでファイナンシャルプランナーを目指そう.All rights reserved.